« 2004年菊日記 | トップページ | 土麹 »

2005.02.28

腐葉土

2006年1月5日

落ち葉の積み込み

tuikikanntumikomejilyunnbi_いよいよ、腐葉土作りの開始です。作り方は、昨年と全く同じです、写真左は塩ビパイプで作りました、目的は中央部の換気を促して新しい空気を入れる為です。写真右は土着微生物入りの米糠と、水槽に浸けた落ち葉です、水槽に浸ける時間は約20分です。水槽に浸けた落ち葉は下の段の写真左の様otibanotumikomiに土着微生物入り米糠を振りかけながら積み込みました、時tumikominosilyuurilyou々微生物の餌として硫安を軽く振りかけました。

   

2005年1月25日

内部温度30度前後

2005年1月23日

温度が下がり始まる。

2005年1月20日

内部温度60度前後。

2005年1月18日

1月8日に積み込んだ落ち葉を全部出して積み直す。

2005年1月15日

内部温度50度前後。

2005年1月11日

頃から温度が上がる。

2005年1月8日

fuyoudo

雑木林から、クヌギの落ち葉を集める。土着微生物で発酵さた米糠と、普通の米ぬかを混ぜ合わせる。尿素も準備する。集めた落ち葉を濡らしておく。米ぬかを振りかけながら、濡らして置いた落ち葉を積み込む、その都度足で踏み固める、此を繰り返す。尿素も適度に振りかける。写真は、塩ビパイプに穴を空けて、枝の様につないで立ち上げている、空気の通りを良くする為、外枠にも穴が開いています。積み終わると、上に新聞紙を引いてから菊の古土を乗せてから、雨にかから無くする。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3087802

この記事へのトラックバック一覧です: 腐葉土:

コメント

コメントを書く