« 土麹 | トップページ | 乾燥肥料 »

2005.03.12

土着微生物

dotilyakukinn

昨年までEMボカシを使って、落ち葉の積み込み発酵とか乾燥肥料、土麹などに利用しました。
しかし、色々本探して調べました、乾燥肥料を作る時発酵剤として、EM菌、コ-ラン、バイムフ-ド等が有ります、しかし、此らは工業生産されか製品です、此らの製品を、例えば北海道と沖縄で使うと同じように働くでしょうか?。
趙漢珪 書の本を読み、実行して見る事にしました、まだハッキリした成果は解りませんが、土着微生物のコロニを竹林の堆積葉土の下から白い菌糸の固まりを集めました、此を、黒砂糖液で培養して、米ぬかに移して発酵させてから使う、後はコ-ラン代わりに使います。
土着微生物は、その土地の気候風土適応している為最高の働きをするそうです、インタ-ネットで検索して見た下さい。

11月15日

土着微生物探し

dotilyakubiseibutusagasi biseibutunosaisilyu来年度(2006年)の菊作りが始まりました、取りあえず土作りに必要な発酵菌の確保です。私は今年から 趙漢珪さんの著書本を読み土着微生物を使っています、今年の作柄を昨年と比べるとかなり良いと思います。今日、近くの竹藪に土着微生物探し行きました、写真左が落ち葉を取り除いた所で、右の写真は同じ場所を拡大した写真です、白い菌糸が土着微生物だそうです、この菌糸集まった腐葉土を採取しました、量は約1.5リットルです。

biseibutunosennbetubiseibutunosennbetugo 採集した菌糸の付いた腐葉土は小枝とか木の根が有るので3㎜のフルイで取り除きます、取り除かなくても良いそうですが、此処が私の拘り??です、右の写真が小枝と木の根を取り除いた土着微生物の付いた腐葉土です、量は1リットル程有りました 。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3271674

この記事へのトラックバック一覧です: 土着微生物:

» 「元気玉」を投げよう!? from オヤジライターが、もの申す!
毎日新聞に、次のような見出しがあった。 『「元気玉」で川きれいに/富山・松川に投げ入れる──立山EM会』 な、な、何なんだ?  「元気玉」って、ド... 続きを読む

受信: 2005年3月23日 午後 09時58分

コメント

コメントを書く