« ノジギク(野路菊) | トップページ | 2006年度大菊の苗作り »

2005.12.01

2005年薫君の菊日記

1月8日

落ち葉の積み込み。
腐葉土

1月18日

落ち葉の切り返し。

土着微生物の収集と培養。

1月25日

米ぬかに拡大培養、水分35%。

1月31日

米ぬか拡大培養、内部から温度が上がり始める。

2月4日

乾燥肥料作り開始

2月8日

乾燥肥料温度が上がる、切り返し

2月8日~2月16日

毎日乾燥肥料切り返し

2月17日

発酵終わり

2月22日

乾燥肥料に、粉末化成肥料を8%混合

2月23日

土麹作り開始

2月25日

冬至芽の掃除

3月4日

土麹まだ発熱発酵せず、切り返して見ると、中迄カビの様な物が生えている、微生物繁殖しているけれども、気温が低いので遅いのでしょう。
再度、同量の米糠と、米糠で拡大培養した土着微生物を混ぜて、温度を上げるため蟹ガラを1キロ加えて、土と混ぜ合わせた.

3月5日

土麹、内部温度30度。

3月6日

土麹、内部温度38度、土を切り返し。

3月12日

培養土作り開始

3月17日

培養土、内部温度21度

3月19日

冬至芽の摘心、芯葉だけ摘む、芯芽はまだ葉に包まれて奥に有り完全に摘心出来ない、今月の末に、2段摘心を施工の予定。

3月30日

冬至芽の摘心、3月19日に芯葉だけ摘んでいたため、やりやすかった。

普通盆栽苗の植え替え、4号鉢から5号鉢に。

4月13日

消毒、今年になり初めての消毒で、例年ならば真冬に1回石灰硫黄合剤50倍希釈で消毒、その後3月にアブラムシの駆除を2回するが、今年は寒くてアブラムシの発生が確認できず、ただし、ハモグリバエも被害は少し有る。

殺菌 アミスタ-A(20ブロアブル) 1000倍

殺虫 スピノエ-ス顆粒水和剤 2000倍

リノ-展着剤

4月22日

菊苗の掃除、昨年の冬至芽を3月30日の摘心して今日現在では、脇芽もかなり伸びています、5月5日頃に挿し芽の予定をしています。それまでに良い芽を作るため、無駄な芽、弱い芽、汚い葉を取り除き、風通し、日を当を良くするための処置をする。

4月28日

挿し芽床の準備

5月2日

普通菊盆栽の5号鉢に植え替え後の1回目の肥料、乾燥肥料30cc。

石付け菊盆栽の石付け。

5月3日

苗の消毒、デス.75(殺虫)  1000倍    トップジン.M(殺菌)  1000倍   リノ-展着剤

5月5日に挿し芽を予定しているにで苗の最後の消毒です、挿し芽をすると鉢上げするまで消毒できないから。

5月5日

大菊挿し芽、31品種で430本。

5月16日

石付け小菊盆栽、水苔巻物外し

小菊盆栽、針金掛け

5月21日

高砂の濱野さん宅に、挿し芽発根した菊苗をもらいに行く。

5月22日

高砂の濱野さんにいただいた菊苗の鉢上げ

5月23日

石付け盆栽、最後の水苔巻物外し

5月24日

天恵緑汁、500倍液葉面散布

5月27日

5月5日に挿し芽した苗を鉢上げ、31品種で150鉢。

5月28日

摘心、3本仕立ての初めの作業、摘心適期に成った苗から。

5月29日

消毒、スミチオン乳剤(殺虫)  1000倍    トップジン.M(殺菌)  1500倍   リノ-展着剤

1回目の乾燥肥料、5月22日に鉢上げした濱野さんの苗、乾燥肥料30cc。

5月31日

天恵緑汁、500倍液葉面散布

6月2日

1回目の乾燥肥料、5月5日に挿し芽して5月27日に鉢上げした苗、乾燥肥料を30cc。

6月5日

天恵緑汁500倍と竹酢500倍液葉面散布

6月11日

消毒スピノエ-ス顆粒水和剤(殺虫) 2500倍    ダイセン水和剤(殺菌) 300倍  リノ-展着剤。

摘心後の芽の選別

6月13日

小菊盆栽の、元葉取りと整枝

6月14日

天恵緑汁500倍液、HB101液10000倍葉面散布。

6月16日

鉢上げ後の2回目の肥料を与える、乾燥肥料30cc。

岸の三姉妹、国華横綱のB-ナイン処理500倍液葉面散布。

6月18日

大菊3本仕立整枝誘引開始、適期に成った苗から。

6月20日

消毒、ダニカット乳剤(ハダニ)  1000倍、    スミチオン乳剤(殺虫)    1000倍、   リノ-展着剤

6月30日

3回目の肥料

消毒ハダニの再々消毒。

大菊3本仕立ての誘引も最終段階

6月25日

消毒、6月20日にハダニの消毒したが完全駆除出来ず、再度消毒。オサダン水和剤(ハダニ)    1000倍、   バイコラ-ル水和剤(殺菌)    1000倍、  リノ-展着剤。 

7月2日

福助仕立て挿し芽用の苗にB-ナイン500倍液葉面散布。

7月6日

福助仕立ての挿し芽床の準備。

7月7日

消毒ハダニのだめ押しの消毒。

7月8日

福助仕立の挿し芽開始。

7月9日から7月8日

大菊3本仕立ての定植

7月11日

葉枯れ線虫の消毒

7月16日

普通盆栽の、最後の植え替え

7月17日

一般的な消毒

7月18日

ピンチ&胴切りによる柳芽の防止対策

7月23日

福助仕立の鉢上げ、

7月24日

大菊3本仕立ての2回目の乾燥肥料施工

ピンチ&胴切りによる柳芽の防止対策後の新芽の誘引方法。

7月27日

誰か助けてください、福助仕立ての鉢上げ苗に異状が発生、芽先が変色。

7月29日

福助仕立ての芽先が変色の異状の有る苗の植え替え。

7月31日

福助仕立ての、植え替え苗も変色の兆し、誰か対策をお願いします、フラワ-センタ-の菊花展に展示出来ないです。

8月1日

福助仕立ての、変色のアドバイスを有難う御座いました、参考にさせていただきます。

8月4日

消毒トレボン乳剤(殺虫)  1000倍、バイコラ-ル水和剤(殺菌) 1000倍、リノ-展着剤。

8月5日

福助仕立ての、B-ナイン処理

福助仕立ての難題、県大会加西フラワ-センタ-菊花展に出品出来ないかも???。

8月6日

小菊盆栽の肥料に生の油粕、でも腐敗の臭いがしません。

大菊3本仕立て生育状況福助仕立と比べるとダントツに良いです。

福助仕立ての、Wパンチ-で今度はB-ナイン傷害です

8月9日

天恵緑汁500倍液を葉面散布。

8月12日

福助仕立て兵庫県菊花連合菊花展加西フラワ-センタ-)の申し込みを断念

8月14日

1回目の増し土と3回目最後の乾燥肥料(止め肥)

消毒ハダニが元気

8月16日

小菊盆栽の芽摘み。

天恵緑汁400倍を葉面散布。

8月19日

天恵緑汁の400倍葉面散布。

8月20日

大菊3本仕立てのシェ-ドの開始

福助仕立ての1回目の増し土と、2回目の乾燥肥料施工

8月23日

液肥蕾を作る肥料

消毒ハダニと一般の消毒

8月24日

3本仕立て液肥

8月25日

大菊3本仕立ての中咲き種のシェ-ドの開始

福助仕立ての中咲き種のシェ-ドの開始

福助仕立てのB-ナイン処理

8月14日の見慣れない害虫の正体判明、キクグンバエでした、今だ駆除が出来ず

3本仕立て液肥

8月26日

キクグンバイが舶来の害虫でアワダチソウグンバイでした。

3本仕立て液肥

8月27日

アワダチソウグンバイの消毒

3本仕立てシェ-ドの追加

福助仕立てのシェ-ドの鉢追加

8月28日

大菊3本仕立ての、やや早咲き種のシェ-ド追加開始。

福助仕立ての、シェ-ドの追加。

福助仕立てで、シェ-ドのしない鉢のみ、B-ナイン処理

昨日の、アワダチソウグンバイのモスピラン水溶液消毒の結果

3本仕立て液肥

天恵緑汁の500倍葉面散布

8月29日

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

8月31日

大菊3本仕立ての2回目の増し土を施行。

コガネムシの幼虫の駆除

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月1日

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月2日

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月3日

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月4日

福助仕立てで8月25日からシェ-ドを始めた国華強大に柳蕾と通常の蕾が確認できました。

消毒、ハダニと一般的の消毒

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月5日

台風14号対策、家の中に入れる。

9月6日

小菊盆栽の最後の芽摘み

福助仕立ての台風14号対策

小菊盆栽の台風14号対策

9月7日

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月8日

大菊3本仕立てのシェ-ド施行品種の1部シェ-ドを終了

福助仕立てのシェ-ド施行品種の1部シェ-ドを終了

福助仕立て液肥

3本仕立て液肥

9月9日

大菊3本仕立てのシェ-ド施行品種の1部シェ-ドを終了

大菊3本仕立ての液肥9月8日で終了

福助仕立て液肥

9月10日

大菊3本仕立ての最後の増し土

大菊3本仕立ての高さの設定

大菊3本仕立てB-ナインで高さ調整

福助仕立て液肥

天恵緑汁の500倍葉面散布。

9月11日

大菊3本仕立て蕾の選別と摘蕾

大菊3本仕立ての摘蕾後の脇芽(蕾)の残し方

大菊3本仕立てで今日シェ-ドの終わった品種

福助仕立てで今日シェ-ドの終わった品種

9月12日

大菊3本仕立てのシェ-ドの中止

福助仕立てのシェ-ドの中止

福助仕立て液肥

9月14日

大菊3本仕立てにPK肥料を与える。

福助仕立ての摘蕾

福助仕立ての2回目の増し土

福助仕立て液肥

9月15日

福助仕立て液肥

9月16日

消毒

福助仕立て液肥

9月17日

福助仕立てのB-ナイン処理

福助仕立て液肥

9月18日

福助仕立て液肥

9月19日

9月16日の消毒で殺虫剤のトクチオン乳剤が全く効かず今日消毒のやり直し

福助仕立て液肥

9月20日

福助仕立て液肥

9月21日

福助仕立て液肥

9月22日

福助仕立て液肥

天恵緑汁の400倍葉面散布。

9月23日

福助仕立ての液肥を今日から中止しました。

普通小菊盆栽の芽摘み

9月24日

石付け小菊盆栽の芽摘み。

9月27日

今の期間の作業は灌水と大菊3本仕立てのB-ナインで高さ調整です。

9月28日

消毒、葉の所々に小さなメッシュ-穴が。

9月29日

大菊3本仕立ての近況報告

福助仕立ての作柄報告.。

9月30日

普通小菊盆栽の化粧鉢植え付け

石付け小菊盆栽化粧鉢植え付け

小菊盆栽の苔付仕上げ

10月1日

大菊3本仕立ての最後のPK肥料

10月2日

福助仕立ての柳蕾のその後

天恵緑汁の400倍葉面散布。

10月8日

消毒、菌核病の予防

10月10日

福助仕立て輪台付け開始

大菊3本仕立輪台付け開始

10月12日

福助仕立ての柳蕾のその後

10月15日

大菊3本仕立ての輪台付け

大菊3本仕立て肥料調整の脇蕾取り

大菊3本仕立て高さ調整

10月22日

大菊3本仕立菊花展に搬入

来年の小菊盆栽の苗

10月24日

大菊3本仕立ての展示

小菊盆栽の展示

10月28日

来年度の石付け小菊盆栽の苗作り開始

10月30日

菊花展出品花壇の最後の仕上げ

11月2日

私たちの菊花展にご案内します

11月5日

菊花展に出品した福助仕立ての写真。

11月11日

菊花展大菊3本仕立て出品花壇の開花状況

11月13日

菊花展が終わりました

冬至芽の確認

11月15日

土着微生物の採取と培養、来年の土作りの開始。

11月23日

県の花ノジギク(野路菊)を紹介します。

小菊盆栽が開花

11月30日

土着微生物の培養状況

12月3日

土着微生物を米糠に移して培養

来年度の苗取り用鉢の冬越し

12月10日

石付け小菊盆栽(岩付け盆栽)の根の助長管理

12月15日

土着微生物を移した培養米糠の温度37度。

12月17日

土着微生物を移した培養米糠2回目の切り返し

12月20日

培養米糠の3回目の切り返し

12月23日

培養米糠の4回目の切り返し、土着微生物種麹(種コウジ)出来上がり。

発酵材料作り

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/7794895

この記事へのトラックバック一覧です: 2005年薫君の菊日記:

コメント

コメントを書く