« 06年度菊花展 | トップページ | 06年大菊3本仕立ての定植後の管理 »

2006.11.03

06年小菊盆栽

11月3日

小菊盆栽の状況

Kogikubonnsai01Kogikubonnsai02やはり、小菊盆栽も花が咲くと咲かないでは天と地の違いが有ります。樹形重視の盆栽と違い花は花です、花で樹形が隠れますが華やかさには勝てません。他の種類も満開に成るように来年は作ります。 

10月29日

小菊盆栽の菊花展の出品作品Bonnsaikadann

市の文化祭の菊花展に小菊盆栽を出品しました、今回で3回目です。昨年と比べると進歩の程度は少ないかも、今年はシエ-ドを行ったので審査日には開花しそうです、でも来年は今年よりも早くシエ-ドを行います。

10月27日

小菊盆栽の挿し芽苗の鉢上げKogikubonnsainaenohatiage

9月24日に小菊盆栽の芽摘み芽を挿し芽した芽が発根しました。鉢上げ鉢は3合鉢を使います、今回の鉢上げは通常よりも深植をして冬至芽の発生を促します。今日は未だ肥料を与えません。

10月7日

小菊盆栽の芽摘み(蕾落とし)

Metumimae01Metumimae02シエ-ドを行うと蕾の肥大が早い。芽の伸びはバラバラで長い芽と短い芽で樹形は乱れています、蕾も多い所と少ない所が有ります。小菊盆栽は樹形を観賞する物で花がギッシリ詰まると見難く成りまMetumigo01 Metumigo02 す。今日の作業は、蕾の選別で枝の茂りと蕾の高さを揃えました、蕾と蕾の間隔を取り多い所の蕾は高さを見ながら取り除きました。 

9月29日

小菊盆栽の化粧鉢植え替え

FutuukogikubonnsainouetukemaeFukuukogikubonnsainouekaekannrilyou未だ化粧鉢植え替えは早いのですが、大菊3本仕立てと福助仕立ての仕上げに手間が掛かるので今日植え替えました。化粧鉢は手作りの鉢で板で作りました。培養土は大菊に使っている養土を使い、表面に使う土は5㎜のフルイで落としました。写真上は、普通小菊盆栽Isikukebonnsainouekaekannrilyou_1の植え替えで、写真下が石付け小菊盆栽です。化粧鉢植え替えが終われと、表面の仕上げは苔を張ります、苔はコンクリ-壁に付いている苔を削り取りました。削り取った苔を5㎜のフルイに落ちる大きさにします、小さくした苔を鉢の表面隙間無く散らして押さえます。噴霧器で表面の苔に散布すると苔が浮 Kogikubonnsainokokehari_1 き出てきます、何度も何度も手で押さえ付けます。苔付けが終った後の灌水は苔が流れやすいので気を付けます。   

9月24日Kogikubonnsainosasime

来年度の小菊盆栽の苗作り

小菊盆栽の芽摘みに出来た芽を挿し芽しました。方法は大菊の挿し芽と同じですが長い挿し穂は取れません、小菊はとても強く簡単に発根します。

9月4日

小菊盆栽の芽摘み

BonnsainometumimaeBonnsainometumigo小菊盆栽の整枝と芽摘みは終わりに近づきました。今日で大体の芽摘みが終わりました、後は蕾の確認が出来るまで待ちます。 

8月24日

小菊盆栽のシエ-ドSiedotonnneru_1

今年は、菊花展の審査日に花が咲く様にシエ-ドを行います。昨年の小菊盆栽は、花の見頃が11月23日でしたから今日からのシエ-ドでは遅いかも知れません。シエ-ド場所は福助仕立てと兼用で小菊盆栽6鉢だけ行います。

8月16日

小菊盆栽の状況Kogikubonnsai

8月14日に小菊盆栽の芽摘みと整枝行いました、結構な時間と手が掛かります、菊馬鹿で無いと続けられないでしょう。出来映えは満足出来ませんが、出来の悪い子ほど可愛いと昔の人が良く言いますが???。

7月23日

普通小菊盆栽の芽摘みと整枝Metumimae

幹が太れば良いのに、葉ばかり茂ります、このあいだ芽摘みと整枝を行ったばかりです、芽摘みの基本は2芽残して切り取る、元葉の大きな葉を取る等でMetumigo すが、とにかく芽が多すぎます其れでも気長に芽摘みを行いました。芽摘みの後は整枝です、園芸用のアルミ線を使い曲線を付けますが難しい作業です。写真左が今日の作業が完了した鉢です、下手くそと笑わないで下さい。

石付け小菊盆栽の芽摘みと整枝Isitukebonnsainometumimae

普通小菊盆栽と同様に芽摘みを行います、石付け小菊盆栽も7月2日に芽摘み作業を行いましたが写真右の様に葉が茂りました、芽摘みの基本は普通小菊盆栽と同じで、2芽残して切り取り、大きなIsitukebonnsainometumego 元葉を切り取ります。芽摘み後は、園芸用のアルミ線で樹形を整えますがとても難しいです、殆どが我流で仕立ています。小菊盆栽の名人級の人の作業を苗作りから展示までの行程を直接目で確認したいです。

7月2日

普通小菊盆栽の芽摘みと整枝Metumitoseisi

早朝は、梅雨の豪雨でしたが直ぐに上がりその後は晴れ間が見えました、晴れ間の間に小菊盆栽の芽摘みと整枝を行いました。芽摘みと整枝は完全に把握していません、自己流での施行です、初めMetumitoseisinokannrilyou は元葉摘みです元葉を早く摘むことで脇芽の伸びを抑えます、次は葉を2~3枚残し摘み取ります。次は、針金を掛けて樹形を作ります。此らの知識は教科書から知っただけで、井の中の蛙です。

6月20日

普通小菊盆栽の9合鉢植え替え

UekaemaeUekaego仕立て最後の植え替えです。植え替えに使う鉢は9合の円浅鉢です、植え替えの時に小菊盆栽の傾きを考え植え替えの根鉢を傾けて植え替えしました。7月の末までに必要な枝を作り幹を太く成る様に肥培します、此からが勝負です。 

6月11日

小菊盆栽の化粧用苔の育成

SaisilyususrmaenokokeOrositakoke昨年9月30日に化粧鉢に植えた時に今回と同じ様に苔をフルイで下ろして細かくして付けました、しかし、盛り土の表面を完全に苔で生う事が出来ませでした、期間が少な過ぎたから。今回も写真左の様に苔が生えている所から採取しました、風化の進んだコンクリ-ト壁に付着しています、ヘラを使ってもはぎ取れません。コンクリ-ト壁から削り落とした苔Pepataoruwohiku Kokewohikitumeru を 3㎜のフルイで落としました。苔を育成する床は稲の苗箱を使います、底にペ-パタオル引きます、以前に新聞紙を引いたが排水が悪く苔が浮いて定着せず失敗しました、ペ-パタオルを引き終わると灌水して紙を湿らします。3㎜のフルイで落とした苔を薄く隙間の無い様に引き詰めて手で押さえる、後は灌水して管理します。9月の末頃にはフンワリした苔が出来るか楽しみです、使う時はカッタ-ナイフで切り使う。結果報告  此も失敗しました、ペ-パタオルは長時間水を吸うと繊維が蕩けて苔が穴から落ちてしまいました。

6月10日

小菊盆栽の整枝

SeisimaeSeisigo小菊盆栽は、生長に合わせその都度アルミ線で整枝します。アルミ線を枝に巻いて行くのですが、細い枝と混み合った葉の間を巻のは難しい。曲げ過ぎて折れた鉢が3鉢です、折れた場所が3分の1残っていれば木工用ボンドを塗れば回復します。 

6月8日

石付け小菊盆栽の巻物外し

Isikukebonnsainomakimonohazusi_1巻物外しは、3回に分けて取り外すつもりでしたが今回残りの3分の2をIsinitorituitane全部取り除きました。全部取り除いた事に因る結果は解りません。巻物を外した後の根の状態は写真右の様に白い根毛が石に食い込んでいます、数日経つと白い根毛は消えます。

 

6月2日

普通小菊盆栽の鉢替え(5号~6号鉢)

5gouhatinokogikubonnsaKogikubonnsai5goukara6gouhati5号鉢に植えて1ヶ月以上に成ります、少し長く置き過ぎました。今日、6号鉢に植え替えました、5号の根鉢は根が回り過ぎていました。 

5月31日

石付け小菊盆栽の巻物外し

Makimonowohazusumae1kaimenomakomonohazusi小菊石付け盆栽の石付け作業を開始して2週間後です。石付けの巻物を外します、2週間経つと少しずつ根が活着します。巻物外しは3回に分けて外します、今回は3分の1だけ外しました。 

5月16日

小菊石付け盆栽の石付け

IsitukebonnsainonaeIsitukebonnsainodaiisi今年は、気温が低いので苗の生育が悪いです、昨年よりも10日遅れで石付け作業を行いました、今日は雨上がりの曇り空で湿度が高いので良い条件です。石付けに使う台石は軽石でドライバ等で溝を作ります、溝は正面と裏面にも作ります、細い針金を溝に沿って這わし石の頂点Naenotomekataで  ネヂリますNaewotukeru苗を固定する為です。石の頂点の窪みにケト土を置きます。根を伸ばすための育成箱から出した苗は、丁寧に水洗いをして砂を流して長い根を解します。石に付けた溝の数だけ根を整理します、整理できた根を石の溝に這わします、根本は細い針金で固定します、溝に這わした根は写真右の様にケト土で押さえます、ケト土は根が密着してかBinirumakiら取り除きます。苗の固定と根付けが終わると根の保護の目的でビニ-ルを巻きま、さらにビニ-ルの上に水苔を巻きます、ビニ-ルを巻かずに直接水苔を巻くと菊の根が水苔に絡んでしまいます。後の管理は、根が傷んでMizugokemaki いるので半日陰の場所に置き根が乾かない程度に灌水します。肥料は絶対与えません、巻物を外すのは2週間後です、2~3回に分けて取り除きます。

 

4月20日

小菊普通盆栽の鉢替え

Bonnsainaeone Kogikubonnsainae4号鉢から5号鉢に植え替えです。気温が上がり写真左の様に伸びました。写真の品種は、千石の美で黄色花です、その他の品種は、みかど、白朝、日根桜です。鉢上げ前に写真左下の様に根鉢の表面の土を取り除き株元の細根を出します、細根は外気に触れて太く成ります。根鉢の整理が終わると5号鉢に植え付けをします、肥料は与えません、肥料は植え替え1週間後に乾燥Kogikubonnsainaenonebati_1肥料30ccを与えます苗は伸び過ぎているので1Uekaekannrilyouの枝を作る所の枝を残して切り取りました。1の枝は曲線の外です。苗が倒れ過ぎていると写真右の様に根本に支え棒で調整しました。

   

2月25日

石付け盆栽の親苗を切り冬至芽を残す

isitukebonnsainooyanaetotoujimeisikukebonnsainooyanaenokiritori石付け盆栽苗の冬至芽が可成り成長したので親苗を切り取り冬至芽だけにしました、此の冬至芽を伸ばして仕立てます。写真左が親苗を切り取る前で、写真右が冬至芽だけに成った苗です。切り取った後に乾燥肥料を与えました

普通小菊盆栽の親苗を切り取る 

futuukogikubonnsainooyanaetotoujimefutuukogikubonnsainooyanaenokiritori石付け小菊盆栽と同じ様に、普通小菊盆栽苗も親苗を切り取り冬至芽のみを残しました。写真左が切り取る前で、写真右が冬至芽のみの苗です、その後乾燥肥料を与えて完了です。 

2月3日

普通小菊盆栽の植え替え

kigikobonnsainonaekogikubonnsainonebati今日は節分で明日が立春です、気温はまだ寒いですが日差しは少しずつ強く成ります。昨年の10月28日に3号鉢に鉢上げした普通小菊盆栽の苗が、写真左の様に鉢上げ苗の根本から冬至芽が発生しました、写真右の様に冬至芽の根本まで土を取り除く。

uekaeyougokogikubonnsainouekae今回は4号鉢に植え替えます、写真左の養土は昨年の大菊の古土を再生した特製の花の土です土着微生物でカビています、写真右は4号鉢に植え替えが終わった所です、親株を寝かして冬至芽を垂直に立てました。親株は、冬至芽が大きく成長してから切り取ります。植え替え品種は、白朝、日根桜、千石の美、みかどです。管理は4月までフレ-ムの中で管理します。   

|

« 06年度菊花展 | トップページ | 06年大菊3本仕立ての定植後の管理 »

コメント

前川さん今晩は、薫君です。
私のブログ訪問有難うございます、前川さんのブログの写真の作品は見事な構成ですね、枝振りと開花が調和が取れています、私も何時に成ったら此処まで出来るか解りません。前川さんのお住まいがフラワ-センタ-の近くですか、私にはうらやましく思えます。フラワ-センタ-の菊花展に出品するのに楽ちんですね、私の所からフラワ-センタ-まで車で1時間半掛かります。
盆栽菊の作り方を前川さんのブログに書いて頂ければ、ブログ拝見して勉強させて頂きますが??。
此からもよろしくお願いします。

投稿: 薫君 | 2006.05.27 23:02

初めまして加西市に在住、フラワーセンターの
近くで小菊盆栽を楽しんでいます。
よろしく!

投稿: 前川和市 | 2006.05.27 10:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/8483932

この記事へのトラックバック一覧です: 06年小菊盆栽 :

« 06年度菊花展 | トップページ | 06年大菊3本仕立ての定植後の管理 »