« 2006年菊日記 | トップページ | 07年度用の腐葉土 »

2007.02.25

07年土麹

2月25日

ベントナイト土麹の粒の選別

TutikoujinofuruiotosiTutikoujinotilyuutubu温度は有りません、粒の選別に適当な乾燥状態です。第1段階は1.5㎝のフルイで全ての土麹をフルイ落とします、次は5ミリのフルイを使い落として、落とし残った1.5㎝~5ミリの粒を採取出来ました、中粒のベントナイト土麹をゲットでTutikoujinosairilyuu Rilyuujilyounodannmenn す。次は、5ミリのフルイで落ちた土麹を3ミリのフルイを使い5ミリ~3ミリのベントナイト土麹を採取出来ました、3ミリのフルイで落ちた微塵の使い道は確定していません。右の写真は粒の断面です内部まで麹が入り団粒構造が確保出来ています。菊仲間でベントナイト土麹作りの時、初めから粒状に細工して居られますが大変な行程で大量に作れません、普通に材料を攪拌しても粒状が確保される事が解りました。但し30%の微粉が出来ます。 

2月11日

ベントナイト土麹の切り返しTutikoujinokirikaesi

今日の温度が30度です、此からは温度が上がらないと思い、切り返しを行いました。切り返しと言っても大きな固まりを崩すだけです、土嚢袋の形で固まっているので通気性が悪いので通気を良くします、再度土嚢袋に詰めて管理をします。フルイ分けをするのは次回です。

2月9日

ベントナイト土麹の温度が55度

2月7日

ベントナイト土麹の温度が上がり始める

午後5時現在で48度です

2月4日

ベントナイト土麹作り昨日の続きKatasatilyousei

今日は昨日の続きです、泥の様に柔らかい状態から堅くします、24時間ドロドロ状態で各材料が均一に混ざり粒状の材料はつぶれたと思います。堅さ調整に使う材料は、池土の微粉(昨年池土の採取で出来た不要の土粉)とピ-トモス(PH調整完了)です、今回使った量は池土の微粉が10㎏とピ-トモスが15㎏(体積60㍑)を使いました。ドロドロの材料の水分は飽和状態で95%程度と思います、此に乾燥気味の材料を加えると50%前後の成るかな??。写真は堅さ調整が完了した状態です、此をどのう袋に入れて管理をします、温度が上がり土麹に成るのを待ちます。

2007年2月3日

ベントナイト土麹作りTutikoujimaniaru

菊作りの名人の植える花夢さんのベントナイト土麹作り方を参考にして私なりのベントナイト土麹作りを行います、植える花夢さんの様な材料の調達は出来ません。材料は池土の微粉が10㎏、ベントナイトが10㎏、ミミズの糞(キャステ-ノ)10㎏、中国泥炭15㍑、鉄力アグリ1㎏、米糠10㎏、魚粉5Tutikoujitukurikaisi ㎏です、発酵酵素は土着微生物です。今回は試作ですから大量には作りません、体積にすれば120㍑有りますが目減りすると思います。すべての材料均一に攪拌が出来ると大きな容器を使い練りに入ります、練り具合は、壁塗りのモルタルよりも柔らかめです。水分が多くした目的は各材料が馴染み、微粒子の物はコロイド浮遊して結合をすると思ったからです。この状態で24時間放置して後日堅さ調節を行います、堅さ調節はどの様にするか思案中です。

|

« 2006年菊日記 | トップページ | 07年度用の腐葉土 »

コメント

椿さん、薫君です。
ベントナイトは、強アルカリ性ですか知りませんでした。
確かにph調整のピ-トモスを使いました、此は無意味ですか、培養土が出来た時にp
h測定を行います。
私も知らない事だらけで、皆さん方に教えて頂く立場です、此からもお願いします。

投稿: 薫君 | 2007.03.10 17:37

久ぶりの書きこみをさせてもらいます。
ベントナイト槌麹作り。作ってから崩し、フルイにかけるのですか、なるほど参考になりました。
先日、植える花夢さんがベントナイト槌麹についてコメントを出されましたその中の一つで、ちょっと気になる事があります。
薫さんの文面では少し捕らえにくいのですが、ビートモスは酸度調整済みを使用されませんでしたか。ベントナイトは強アルカリなので調整も兼てビートモスを使うとありました。

投稿: 椿 | 2007.03.10 05:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/13776611

この記事へのトラックバック一覧です: 07年土麹:

« 2006年菊日記 | トップページ | 07年度用の腐葉土 »