« 07年菊花展 | トップページ | 2008年度用の乾燥肥料 »

2007.11.15

ノジギク(野路菊)

11月15日

自宅のノジギクが満開

PhotoPhoto_2自宅で栽培しているノジPhoto_3ギクで、8月12日に短日処理(シエ-ド)を行いました、今やっと満開です。例年今の時期が通常のノジギクの開花時期ですが、今年は遅れていますチラホラ咲きです。   

11月9日

ノジギク開花しましたPhoto

菊花展に展示しているノジギクが開花を始めました。明日が菊花展の最終日です、満開のノジギクの花を見て貰いたかったが残念です。花の色は前列の左が黄色です、前列の右と後列が白色です、小さな後列の小玉がピンクの花です。

10月28日

開花遅らせ対策が裏面に出ましたPhoto

10月21日から私たちの町の菊花展が始まりました、取りあえず栽培して来たノジギクを展示しました。10月28日の時点で写真の状態です、今年は全ての秋咲きの花の開花が遅れました、例えば彼岸花、キンモクセイが10日以上の遅れでした。大菊に関しては10日の遅れで小菊も同じ遅れです。あの時出来た蕾をそのまま置いていたら今頃開花いてるはず。

9月17日

蕾の確認出来たノジギクの開花遅らせ対策

PhotoPhoto_2こんなに早く蕾が出来ると、菊花展迄に開花が終わると思います、始めての経験ですから何とも言えませんが。蕾は先端の芽のみがハッキリ確認出来て脇芽は未だ確認出来ません。先端の蕾を取り去ると開花が遅れるかも知れません。早速写真右の様に先端の蕾を取り去ると同時に形を整えました。 

9月15日

ノジギクに蕾を確認Photo

8月12日から開花促進のシェ-ド(短日処理)を始めて9月9日で終わりました。此の結果蕾を確認できました、開花は予定より早くなりそうです、菊花展には開花が終わるかも。

9月9日

シェ-ドを終了

1ヶ月近く続けた開花促進の短日処理(シェ-ド)を今日で終わらせます。初めての体験ですから、この結果がどの様に出るか楽しみです。

9月2日

ノジギクの芽摘み

PhotoPhoto_2今もシェ-ド(短日処理)を続けています、シェ-ドを開始して20日に成りますから、花芽分化は終わっていると思いますが迄シェ-ドを続けます。シェ-ド開始時点から生育旺盛で伸び過ぎで、今日芽摘みを行いました、此から伸びる脇芽に多くの蕾が付くでしょう。 

8月12日

ノジギクのシェ-ド(開花促進)

PhotoPhoto_2せっかく県の花の野路菊 が県民には現物の花を見る期会が少ないです。開花時期が11月20日頃で菊花展には開花が間に合いません、晩秋の華道展でノジギクの添え花が脇役を果たします。今日、菊花展で見て貰いたくて。シェ-ドを開始しました、シェ-ド開始時間は午後6時から次の朝の8時までです。9月の10日迄続けますが結果は未だ解りません。

2007年7月8日

野路菊を鉢植えをします

Photo_104Photo_105昨年の秋の野路菊の開花時期に、白い花、黄色い花、ピンクの花の株を頂きました。4号鉢~6号鉢に移植して生育したのが写真です、野生状態の野路菊はこんなに繁茂しません。今日は最後の定植ですが、此のままでは茂りすぎて開花の時期まで持ちません、刈りPhoto_106込みハサミで切り込んでから余分な葉と幹を取り除きました。此でも新しい芽が出て茂ると思います、定植鉢は、20年前に大菊3本仕立て定植に使った9号赤焼き鉢です、培養土は手近にある普通の養土です、肥料は与えません野生の菊ですから不要と思います。野路菊は全てが同じと思っていましたが違いました、葉の形に違いが有ります、葉の切れ込みとか葉の尖りが少し違います、長い年月で変化するんですね。   

2006年11月20日

今年もノジギクの花が咲きました

Kaihinnkouennnonojigiku01Kaihinnkoennnonojigiku02今年の国体は、のじぎく国体でした兵庫県の県の花がノジギクですから命名されました。私が仕事をしている赤穂海浜公園にも多くのノジギクが植え付けられています、花の色はピンクと黄色とNojigiku白が有りますが殆どが白色です、ピンク色の花はごくわずかで珍しい存在です。1輪1輪のノジギクは普通の1重の小菊ですが群生すると見応えが有ります。来年は、自宅で栽培を試みます。   

2005年11月23日

県の花ノジギク(野路菊)を紹介します

jojigikunogunnseinojigikunosiroiro 私たちの住んでいる兵庫県の花がノジギクです、植物学者の牧野富太郎博士が瀬戸内海の海岸沿いの姫路市大塩で菊の群生を見てノジギクと名付けたのが始まりだそうです。大塩から国道250号線(浜国道)を西に約50キロ の所に私が仕事をしている赤穂海浜公園が有ります、公園の西が瀬nojigikunopinnku戸内海に面しています、塩田後に出来た公園です、赤穂浪士nojigikunokiiroでも有名です。甲子園の18倍の広さの公園の1角にノジギクの広場が有ります、現在花が見頃で美しいです、ほとんどが白色の花ですが極わずかですが黄色とピンク色の花が咲いています。家庭園芸向きでは無い様です、花の付き数が少なくボリュウムに欠けています、でも群生は見応えが有ります

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/7280222

この記事へのトラックバック一覧です: ノジギク(野路菊):

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。