« 2008年低肥料培養土 | トップページ | 2008年培養土 »

2008.06.21

2008年大菊挿し芽苗の鉢上げ

6月21日

鉢上げ後の2回目の肥料

Photo_2鉢上げが5月25日でした、鉢上げから1週間後に乾燥肥料を30ccを与えました。乾燥肥料を与えて1ヶ月近く経過する今日は2回目の肥料を与えました。今回は乾燥肥料を60ccを与えますが、生育の悪い鉢には減量します、此が5号ビニ-ルポットでの最後の肥料に成ります。5号ビニ-ルポットでの管理は、乾燥肥料のみで他の肥料は与えていません、透明の波板の屋根の下に置いているので、灌水は3日から4日に1回の灌水です。

6月12日

国華横綱の仕立て

Photo_11国華横綱は、長幹性で12花壇に欠かせない品種です、どの様に栽培しても素晴らしい花を咲かせます。欠点は伸びすぎて12花壇構成に使えない高さに成ります。国華横綱の挿し芽発根苗の鉢上げの直後に葉を5枚残して摘心しました、脇芽の確認が出来ると一番下の脇芽を残して摘み取ります、但し元葉は残しています。下の脇芽が2㎝頃にB-ナインの500倍で処理しました。脇芽が4㎝位の時に切り戻して写真の状態にしました、此の後の3本仕立ての摘芯は他の品種と同じです。この処理で伸びは可成り押さえられました、半月以上遅らした挿し芽と同じですが土の中の根は先を行っています。

6月1日

鉢上げ後1回目の肥料

PhotoPhoto_2 5月25日に鉢上げした苗のみが1回目の肥料の適期です。鉢上げの1週間後に成ると根が活着して肥料を吸収出来る状態ですが根が弱いので少量の乾燥肥料を与えます。方法は鉢の周囲の3箇所に凹みを作ります、乾燥肥料の量は30ccを3等分して与えました。乾燥肥料を与えると覆土して肥料を隠します、肥料の成分と有効微生物が強い陽射しで分解死滅しない様に。

5月31日

大菊苗の国華吉兆の鉢上げ

5月5日に挿し芽をしましたが、他の同時に挿し芽を行った苗は全て5月25日に鉢上げを終わらせました。国華吉兆は根が弱く、5月25日の鉢上げの時に発根状況を確認すると3分の2が腐っていました、腐っている部分を切り取り再度挿し芽養土で植え直しました。今日、発根状態を確認すると鉢上げに適した時と思い鉢上げを施行しました。方法は5月25日と同じです。

5月25日

大菊の鉢上げ

Photo 昨日高砂の菊の先輩の宅へ伺い菊苗を頂きました、ご無理を承知で苗の依頼をしていました。私たちの菊花同好会の会員の菊苗です、なかなか個人的に入手出来ない苗とか、劣化した苗の更新に利用しています、大変忙しい中を心良く対応していただきました。今日は、5月5日に挿し芽をした苗と、昨日頂いた苗の鉢上げです、左の写真は私が5月5日に挿し芽した発根苗です。品種に依り発根状況にバラツキが有ります、発根は切り口から2㎝位まで根が出ています。Photo_2私の鉢上げは可成り深植です、5号ビニ-ルポットの半分依りも底に発根苗を置き周囲から培養土で埋めて行きます、発根苗の半分が培養土で隠れます。鉢上げをした品種は、国華晴舞台、岸の三姉妹、国華秋舞台、国華暁虹、国華八十恵、東海映山、国華八十宴、国華八十祝、国華赤銅色、緋宝、国華福徳、国華夢園、聖光桃の幸、国華の幸、国華強大、国華大社、国華横綱、兼六雪峰、富士の新雪、国華積雲、国華越山、国華上京、Photo_3国華明の春、国華霧島、国華八十天、銀強大、東海府中、国華極星、国華八十年、国華八十栄、国華宝庫、国華挑戦、国華八十寿、国華大宝、国華茜雲、国華八十光、精興右近、国華金山、国華徳人、太平の宝、国華八十京、国華金授、国華八十明、国華八十冠です。鉢上げ数は160鉢です、優れもの品種でまとめ上げましたが、品種の特性が未だ掴めていません。今回の鉢上げの時点では、全く肥料は与えていません、予定では1週間後の予定です。 

|

« 2008年低肥料培養土 | トップページ | 2008年培養土 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/41316669

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年大菊挿し芽苗の鉢上げ:

« 2008年低肥料培養土 | トップページ | 2008年培養土 »