« 2008年培養土 | トップページ | 2008年大菊3本仕立ての整枝 »

2008.08.02

2008年大菊3本仕立ての定植

8月2日

大菊3本仕立て定植後2回目の乾燥肥料

Photo今年は何か変(今年も変)です、伸び方が少なく今だに支柱まで届かない苗が1割有ります。通常は7月の20日頃に2回目の乾燥肥料を与えますが、今年は生育が悪いので、根が弱いと思い止めました。肥料の与え方は3仮称の土を除けて乾燥肥料を置きました、後は覆土して完了です。今回与えた乾燥肥料は300ccです。

7月6日

全ての大菊3本仕立て定植を完了

Photo今日も暑い真夏日です、こんなに早くから熱くなったら先が思いやられるわ、かなわんな。全ての定植80鉢分が終わりました、赤穂海浜公園の園内での栽培する菊24鉢分は早朝に持って行きました、1往復50分で2往復です、今日は赤穂海浜公園ではトライアスロンの開催日です。自宅で栽培する鉢は写真の状態です、とにかく植えただけです、3枝の誘引も未だです。3枝の誘引と支柱立ては同時に進行します、脇枝が定植鉢の縁に届く苗から進めます。

7月5日

大菊3本仕立ての定植

PhotoPhoto_2いよいよ定植です、大菊3本仕立ての大きな節目です。今日と明日で定植を行います、定植の鉢数は80鉢です、此の中に私が仕事をしている赤穂海浜公園の園内で栽培する菊も含まれます。Photo_3 定植前に定植準備を行った定植鉢に5号ビニ-ルポットから抜いた根鉢を中央に置き作業を進めました。培養土は自宅で栽培する養土は今年調合した培養土です、赤穂海浜公園の園内で栽培する菊は昨年栽培した古土の再生培養土です。定植時に使う肥料は乾燥肥料は300ccです、3箇所に100ccずつ置き最後に覆土して定植の完了です。灌水は、5号の本鉢の中央のみに灌水しました、未だ根の進入の無い鉢の周囲の灌水は無意味です、過湿と鉢の陽焼けの高温で根を傷めます。コガネムシの幼虫の対策で培養土にダイアジノン粒剤を混ぜ込みました。

 

7月2日

大菊3本仕立て定植の準備

Photo_5近いうちに3本仕立ての定植に入ります、今年も80鉢以上を定植を予定しています。私は増し土用のスペ-スを空けるために杉板を使いますが杉板を立てるには大変ですから事前に準備します。鉢底の培養土は押さえが可能な迄1㍑瓶で押し固めています。杉板で作った空間の面積は、国華園製のセパレ-タよりも5割程度広いと思います、又杉板の表面からも呼吸できます。

|

« 2008年培養土 | トップページ | 2008年大菊3本仕立ての整枝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/41716242

この記事へのトラックバック一覧です: 2008年大菊3本仕立ての定植:

« 2008年培養土 | トップページ | 2008年大菊3本仕立ての整枝 »