« 相生市菊花展 | トップページ | 2010年度用の土着微生物 »

2009.11.14

2009年小菊盆栽

11月14日

小菊盆栽の冬越しに挑戦

Photo_9Photo_11今期に仕立て上げた小菊盆栽を冬を越して来年も栽培したい物です。

現在樹形を作っている小枝は枯れて使えないそうです、枝元から発生する新芽を使うと、参考書に書かれていました。

枝元の葉を少し残して切り取ります。

Photo_12Photo_13化粧鉢の小菊盆栽の根鉢を崩します、冬越しに使う鉢は6合鉢を使いました。

崩した根鉢を6合鉢に植えて新しい養土を使い植えましたした。

冬越しの管理は、簡単なフレ-ムを使います、此のフレ-ムは保温が効かず、夜間は外気温依りもわずかに温かいだけです、冷え込みの強い時はフレ-ムの中でも凍ります。   

10月24日

小菊盆栽の来年用の苗の鉢上げ

PhotoPhoto_29月の始めに挿し芽を行いました、挿し芽苗が写真の右の様に発根しました。

Photo_5Photo_6  来年に仕立てる苗は、今回鉢上げ苗から発生する冬至芽を使います、上の左写真はすでに冬至芽が発生して理想的な苗です。

   

10月4日

小菊盆栽の葉透かし

Photo_3Photo_4小菊盆栽は菊で有り仕立て方は庭木の老木仕立てです。

葉が茂りすぎると老木のイメ-ジが無くなり若い庭木に成ります。

写真左が葉透かし前で、右の写真が完了です。

Photo_5Photo_6今年は、大菊3本仕立てが最悪で全ての鉢は片付けました、其の手持ちぶさたが小菊盆栽の手入れです。

葉透かしの作業は写真の様にします、葉の隙間から幹と小枝を見せます。

小菊の花は所々に咲きアクセントで引き立てですと理解していますが間違いかも?   

9月27日

小菊盆栽の苔張り仕上げ

Photo昨年迄は、日陰のコンクリ-壁に生える苔を使いましたが、雨量の少ない今年は採取出来ません。

今年は、写真の苔を使います、雑木林で見つけた山苔です。

山苔は、厚みが有るので張り難いのですが使いました。

Photo_2Photo_3山苔の厚み分だけ養土を取り除きながら作業を続けました。

Photo_4Photo_5株元の苔付けは、表面の根張りを隠さずに部分的に張りました。

    

9月26日

化粧鉢に植え替え

Photo_2Photo_3小菊盆栽仕立ても大詰めです、すでに蕾も確認出来ます。

Photo_4Photo_5 化粧鉢は、横に長いのですが、写真写りが縦に長く見えます。

小菊盆栽の形から、化粧鉢の植位置と角度が変わります。

今回の化粧鉢の植え替えが終わった鉢は、10鉢です。

   

9月4日

小菊盆栽の芽摘み

PhotoPhoto_2小菊盆栽のシエ-ドの開始から12日が経ちました、内部では花芽分化が進んでいるはずです。

つぼみの生長は、伸びた芽先の先端が強く成り早く開花します。

今日の作業は、伸びた芽を全て摘み取り、脇芽の成長を促します。

Photo_6Photo_8写真は芽摘みの実例です、左の写真は芽摘み前です。

右の写真は芽摘み後です、葉を2枚から3枚を残して切り取ります。

残した葉の間から伸びた芽に蕾が付くはずです?。   

8月23日

小菊盆栽の短日処理

今年は、シエ-ドが出来る場所が確保出来たので行います。

シエ-ドを実地しないと、開花の時期が11月10日です、此では菊花展の開催期間には開花しません。

8月16日

小菊盆栽の芽摘み

Photo_3私の若い頃は、サツキ盆栽, 松盆栽、雑木盆栽等がブ-ムでした、同じ趣味を志す多くの友達と技量を磨いていました。

経済成長のおり仕事が忙しく成り盆栽から遠のき数十年です、その後造船不況でリストラです。

造船業のリストラ後造園作業に就職から数十年で庭木の剪定等の仕事をしました。

現在は、大きな公園の樹木管理、芝生刈等の仕事をして労働日数は16日です。

本格的な小菊盆栽を栽培したいのです、岩付け盆栽、寄せ植え盆栽、文人仕立て、古木盆栽等。

但し、還暦を過ぎるとしんどいです、大菊の盆養仕立て、福助仕立て、家庭菜園ガ-デニングを楽しんで居ては時間が有りません。

Photo_4Photo_5小菊盆栽の基本を勉強を続けています、芽摘み、針金掛け、樹形、肥培等を。

上の写真は、芽摘み実例です。

Photo_6Photo_8私の樹形の仕立て方は、昔の松盆栽、サツキ盆栽と庭木の剪定等で身に付いた樹形です。

各菊花展で展示されている小菊盆栽の樹形と違います、勉強する余地がありますが頭が固いです。

    

8月8日

小菊盆栽の植え替え

Photo_8Photo_9  今回が最後の仕立て鉢の植え替えです、6号鉢から9号の丸浅鉢に植え替えます。

6号鉢の根鉢を3分の1程度崩して根鉢の整理をしました。

植え替え方は通常方法で植え替えます。

6月21日

小菊盆栽を5号鉢から6号鉢に植え替え

Photo_5Photo_9 5号鉢に植え替えて1ヶ月以上に成り、鉢土の乾きが激しく灌水が追い付きません。

5号鉢から根鉢を出して鉢替えの準備を行います。

Photo_12Photo_115号鉢から抜いた根鉢の半分を崩します、特に株元の土を取り除きます、目的は強い根張りを表面に出すためです。

 

 

    

5月31日

小菊盆栽初めて整枝

Photo_3Photo_4今回が小菊盆栽の1回目の整枝です、不要の枝を切り取ります。

Photo_55月7日の植え替えの時の木綿糸の印が1の枝で、此の枝を基準に整枝です。

長年仕立てると手抜きになる物です、昨年迄は針金を掛けての整枝でした、今年は木綿糸で誘引整形です、良し悪しは解りませんが簡単でした。   

5月7日

小菊盆栽の苗植え替え

Photo_14Photo_15昨年の9月の末に挿し芽を行い作った苗を5号鉢に植え替えます。

冬の間3号鉢で栽培していた苗が写真です、不要な芽を取り除きました。

Photo_16Photo_17植え替えに使う鉢は5号鉢で、3号鉢から抜いた根鉢の回った芽は崩しました。

直幹の苗を模様木作りに仕立てる時は傾けて植えます、写真右の細い木綿糸で結んでいる枝は1の枝候補です。

 

 

|

« 相生市菊花展 | トップページ | 2010年度用の土着微生物 »

コメント

北京盆栽
中国、日本、芸術交流の盆栽。
ようこそ北京盆栽ネット、私の叔父の盆栽です。
http://japan.beijingbonsai.com/ 日本語
http://www.beijingbonsai.com/ 英語

BeiJingbonsai@126.com

投稿: 北京盆v栽 | 2009.11.22 14:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/44933583

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年小菊盆栽:

« 相生市菊花展 | トップページ | 2010年度用の土着微生物 »