« 土麹 | トップページ | 2010年度用腐葉土 »

2010.03.13

ノジギク(野路菊)

2010年3月13日

ノジギクの苗の植え替え

Photo_82008年度に栽培していたノジギクを全てを捨てました、その理由は野性味が薄からです。

2008年の秋の老大園芸講座の寄せ植えのノジギクを見た時に感動しました、私が栽培していたノジギクよりも雑草的で何とも言えぬ風情が有りました。

講師の話では、最近各種の菊と交雑してノジギクが変わり園芸品種に近くなっているそうです。

講師に頼み寄せ植えのノジギクの冬至芽を頂き昨年栽培しました、その結果は望み道理の花でした。

昨年のノジギクから発生した冬至芽を株分けして3号鉢に植え替えました。

2008年10月26日

ノジギクが咲き始めました

Photo_7Photo_8昨年よりも半月早く開花しました。Photo_9昨年は私の市の菊花展が終わる前の開花で、ノジギクがどの様な花か見てもらうことが出来ませんでした。県の花ですが知らない人が多いので良い期会だと思います。花の色は大別すると3色有りますが、左上が淡いピンクで開花が進むと判別出来ません。   

10月11日

ノジギクの着蕾状況

PhotoPhoto_29月11日に短日処理のシエ-ドを終わり1ヶ月です、蕾が大きく膨らみました。今年は10月の末には見頃に成ると思います。 

9月11日

ノジギクのシエ-ドの終了

Photo_28月19日から開始したシエ-ドが終わります、ハッキリした蕾が確認出来ました。昨年は8月12日からシエ-ドを開始して9月9日に終わりましたが、妙な細工と9月の終わりまで続いた残暑で開花が遅れました。今年は、細工無しで花を咲かせます。

8月19日

ノジギクのシエ-ドの開始

PhotoPhoto_2昨年は8月12日からシエ-ドを開始しました、その結果9月15日にハッキリした蕾が確認出来ました、余りにも早いので出来た蕾を全て摘み取りました。昨年の体験から8月19日からシエ-ドを開始しました。 

8月17日

ノジギクの芽摘み

Photo_2Photo_3 7月20日に9号の菊鉢に定植して肥培管理をして現在に至りました、この間に8月の始めに今回と同じ芽摘みを行いました。近日に開花促進のシエ-ドの開始を開始するので、根摘み行いました。

6月28日

ノジギクの透かし

PhotoPhoto_2ノジギクを3号鉢に鉢上げから5号鉢に鉢替えして1ヶ月に成ります。5号鉢に鉢替えした時点に芽摘みを行いました、脇芽と葉が茂り過ぎて内部は加湿と日光不足です。今年もノジギクの仕立て方は昨年と同じモッコリ型ですから芽摘みで脇芽を増やしますが内部はスッキリさせて葉と余分な幹を取り除く作業を繰り返します。 

2008年3月20日

ノジギクの冬至芽の鉢上げ

Photo_3Photo_4昨年栽培したノジギクの親株から発生した冬至芽を株分けします。Photo_5ノジギクの親株は、ピンク色、黄色、白色の3種が有りそれぞれ株分けを行いました、1鉢の親株かPhoto_6ら多数の苗が取れますが、そんなに多くの苗は不要です。今回は、3号駄温鉢に鉢上げを行いました、養土は 古土の再生土を使います。ピンク色、黄色、白色の3種を12鉢ずつの鉢上げですが最終に必要な苗は2鉢ずつ有れば良い。

2007年11月15日

自宅のノジギクが満開

PhotoPhoto_2自宅で栽培しているノジPhoto_3ギクで、8月12日に短日処理(シエ-ド)を行いました、今やっと満開です。例年今の時期が通常のノジギクの開花時期ですが、今年は遅れていますチラホラ咲きです。   

11月9日

ノジギク開花しましたPhoto

菊花展に展示しているノジギクが開花を始めました。明日が菊花展の最終日です、満開のノジギクの花を見て貰いたかったが残念です。花の色は前列の左が黄色です、前列の右と後列が白色です、小さな後列の小玉がピンクの花です。

10月28日

開花遅らせ対策が裏面に出ましたPhoto

10月21日から私たちの町の菊花展が始まりました、取りあえず栽培して来たノジギクを展示しました。10月28日の時点で写真の状態です、今年は全ての秋咲きの花の開花が遅れました、例えば彼岸花、キンモクセイが10日以上の遅れでした。大菊に関しては10日の遅れで小菊も同じ遅れです。あの時出来た蕾をそのまま置いていたら今頃開花いてるはず。

9月17日

蕾の確認出来たノジギクの開花遅らせ対策

PhotoPhoto_2こんなに早く蕾が出来ると、菊花展迄に開花が終わると思います、始めての経験ですから何とも言えませんが。蕾は先端の芽のみがハッキリ確認出来て脇芽は未だ確認出来ません。先端の蕾を取り去ると開花が遅れるかも知れません。早速写真右の様に先端の蕾を取り去ると同時に形を整えました。 

9月15日

ノジギクに蕾を確認Photo

8月12日から開花促進のシェ-ド(短日処理)を始めて9月9日で終わりました。此の結果蕾を確認できました、開花は予定より早くなりそうです、菊花展には開花が終わるかも。

9月9日

シェ-ドを終了

1ヶ月近く続けた開花促進の短日処理(シェ-ド)を今日で終わらせます。初めての体験ですから、この結果がどの様に出るか楽しみです。

9月2日

ノジギクの芽摘み

PhotoPhoto_2今もシェ-ド(短日処理)を続けています、シェ-ドを開始して20日に成りますから、花芽分化は終わっていると思いますが迄シェ-ドを続けます。シェ-ド開始時点から生育旺盛で伸び過ぎで、今日芽摘みを行いました、此から伸びる脇芽に多くの蕾が付くでしょう。 

8月12日

ノジギクのシェ-ド(開花促進)

PhotoPhoto_2せっかく県の花の野路菊 が県民には現物の花を見る期会が少ないです。開花時期が11月20日頃で菊花展には開花が間に合いません、晩秋の華道展でノジギクの添え花が脇役を果たします。今日、菊花展で見て貰いたくて。シェ-ドを開始しました、シェ-ド開始時間は午後6時から次の朝の8時までです。9月の10日迄続けますが結果は未だ解りません。

2007年7月8日

野路菊を鉢植えをします

Photo_104Photo_105昨年の秋の野路菊の開花時期に、白い花、黄色い花、ピンクの花の株を頂きました。4号鉢~6号鉢に移植して生育したのが写真です、野生状態の野路菊はこんなに繁茂しません。今日は最後の定植ですが、此のままでは茂りすぎて開花の時期まで持ちません、刈りPhoto_106込みハサミで切り込んでから余分な葉と幹を取り除きました。此でも新しい芽が出て茂ると思います、定植鉢は、20年前に大菊3本仕立て定植に使った9号赤焼き鉢です、培養土は手近にある普通の養土です、肥料は与えません野生の菊ですから不要と思います。野路菊は全てが同じと思っていましたが違いました、葉の形に違いが有ります、葉の切れ込みとか葉の尖りが少し違います、長い年月で変化するんですね。   

2006年11月20日

今年もノジギクの花が咲きました

Kaihinnkouennnonojigiku01Kaihinnkoennnonojigiku02今年の国体は、のじぎく国体でした兵庫県の県の花がノジギクですから命名されました。私が仕事をしている赤穂海浜公園にも多くのノジギクが植え付けられています、花の色はピンクと黄色とNojigiku白が有りますが殆どが白色です、ピンク色の花はごくわずかで珍しい存在です。1輪1輪のノジギクは普通の1重の小菊ですが群生すると見応えが有ります。来年は、自宅で栽培を試みます。   

2005年11月23日

県の花ノジギク(野路菊)を紹介します

jojigikunogunnseinojigikunosiroiro 私たちの住んでいる兵庫県の花がノジギクです、植物学者の牧野富太郎博士が瀬戸内海の海岸沿いの姫路市大塩で菊の群生を見てノジギクと名付けたのが始まりだそうです。大塩から国道250号線(浜国道)を西に約50キロ の所に私が仕事をしている赤穂海浜公園が有ります、公園の西が瀬nojigikunopinnku戸内海に面しています、塩田後に出来た公園です、赤穂浪士nojigikunokiiroでも有名です。甲子園の18倍の広さの公園の1角にノジギクの広場が有ります、現在花が見頃で美しいです、ほとんどが白色の花ですが極わずかですが黄色とピンク色の花が咲いています。家庭園芸向きでは無い様です、花の付き数が少なくボリュウムに欠けています、でも群生は見応えが有ります

 

|

« 土麹 | トップページ | 2010年度用腐葉土 »

コメント

今晩は、菊さん。
昨年の秋にもハイビスカスさんから同じ様なコメントを頂きましたので参考にして下さい。
ノジギクが咲き終わった後に必要は苗のみを残して処分しました、処分前に聞かせていただければ差し上げる事が出来たのですが。
手持ちの苗が少ないので今は出来ません、秋の終わりにコメントを下さい、待っています。

投稿: 薫君 | 2009.02.11 22:05

すみませんが、沖縄からですが…。 ノジギクを育てたいのですが、どうすれば手に入りますか

投稿: 菊 | 2009.02.11 10:46

今晩は、ハイビスカスさん
ノジギクの事ですか、兵庫県の各団体でノジギクを栽培拡大を行っています。
ノジギクを商品として販売されている事を聞いた事が有りません、苗の配布はしてもらえますが、花は解りません。
確かに、晩秋の生け花にノジキクは趣が有ります、私も好きです。
ノジギクの入手は、各団体の状況をネットで検索して尋ねてください。

投稿: 薫君 | 2008.10.02 19:45

はじめまして。
突然の訪問にて失礼いたします。
薫君さまの菊への情熱をブログで拝見しお便りしました。
私は草月流を習っているものですが、11月に毎年開催される展覧会に今年は野路菊を使いたいと考えています。
ところが大手の花屋さんでも仕入れは断られてしまい、どのようにしたら入手できるか検討中です。
野路菊は兵庫など西日本を中心に自生しているとのことで、私の住む関東ではあまり群生していません。
もしご存知でしたら、野路菊を生花として入手できる方法を教えていただけますでしょうか。
どうぞよろしくお願いいたします。

投稿: ハイビスカス | 2008.10.02 14:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/7280222

この記事へのトラックバック一覧です: ノジギク(野路菊):

« 土麹 | トップページ | 2010年度用腐葉土 »