« ノジギク(野路菊) | トップページ | 2010年冬至芽の管理 »

2010.03.27

2010年度用腐葉土

2010年3月27日

今回積み込んだ腐葉土のフルイ掛け

Photo昨年の年末に積み込んだ落ち葉が70%の完成度と思います、4月に入ると培養土作りを行います。

挿し芽発根苗の鉢上げに使う培養土は、定植用の培養土依りも稍細かい養土ですから2㎝角のフルイで落とします。

Photo_3積み込んだ落ち葉には小枝が多く有りますが此らは全て剪定ハサミで刻みました、とても良い働きをします。

完熟していない腐葉土ですから葉の中央に有る筋は残り筋の玉が出来ます、此の筋もハサミで刻みました。

未完熟状態の腐葉土ですが、使用1.5ヶ月前に培養土を調合すると使用時に各材料が馴染み熟成が進むはずです。

 

2009年12月20日

落ち葉の積み込み開始

Photo落ち葉の積み込みの前に準備が必要です、米糠に発酵材を加えて攪拌します。

発酵材の種類はコ-ラン、バイムフ-ド等が市販されていますが、私は自家製の土着微生物発酵材です。

混合割合は、米糠に対して3割程度を加えました、発酵材は安価で大量に作れたから。

Photo_2Photo_3落ち葉は昨日集めました、集めた落ち葉を200リットルの水槽に入れて水を張りました、尿素が1㎏溶けています。

約1昼夜ほど水に浸してから落ち葉の積み込みです、発酵材の混ざった米糠をまぶしながら積み込みます。

水槽に浸した分が積み終わると雑木林で落ち葉を集めて再度水槽に浸しました。 

|

« ノジギク(野路菊) | トップページ | 2010年冬至芽の管理 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/47070401

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年度用腐葉土:

« ノジギク(野路菊) | トップページ | 2010年冬至芽の管理 »