« 2010年度用腐葉土 | トップページ | 2010年大菊の挿し芽 »

2010.04.20

2010年冬至芽の管理

4月20日

冬至芽の最後の掃除

PhotoPhoto_2大菊の挿し芽の時期が来ています、1ヶ月前に冬至芽の掃除を行いましたが写真の様に成長しました。

挿し芽苗に不向きな芽を全て取り除き不要は葉も取りました。

Photo_3Photo_5 品種に依り冬至芽の芽摘み後の脇芽の発生しない苗が有ります。

上の写真の様に、脇芽の無い苗を取り除くと右の写真に成りました、株元から伸びている小さな芽が挿し芽苗に使えると思います。

太く伸びた苗は、挿し芽に不適とと思います、幹の内部に空洞が有るので。

   

3月30日

冬至芽の掃除と不要芽取り

昨年自宅で栽培していた3本仕立て盆養鉢栽培の大菊は全て駄目に成りました、今年度の苗取りに使う親株は自宅以外の公園で栽培していた20品種を使います。

此では今年の苗が足らないので同好会の会員の親株を借りて管理しています。

PhotoPhoto_2昨年の晩秋から冬に掛けて発芽した冬至芽は2月の中頃に摘心しました、その後成長して写真左の状態です、下葉が茂り陽射しと風通しが悪い。

冬至芽の状態は様々で変形して蕾の付いた芽、芽止まりした芽は全て取り除きます。

不要な下葉は取り除きます、必要以上に葉を取り除くと生育が悪く成るので気を付けました、写真右が下葉と不要な芽を取り除いた状態です。

Photo_3Photo_42月の中頃に冬至芽の摘心後の成長も様々です、摘心した先端に新芽が発生しない物が有ります。

写真左は頂芽は葉ばかりで発芽の気配が無いので切り取りました。

写真右の様に切り取った下には正常な脇芽が確認出来ます。

全ての鉢の冬至芽の掃除が終わると殺菌、殺虫の消毒を施行しました、スッキリした状態の消毒は簡単でした。

   

|

« 2010年度用腐葉土 | トップページ | 2010年大菊の挿し芽 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/47951000

この記事へのトラックバック一覧です: 2010年冬至芽の管理:

« 2010年度用腐葉土 | トップページ | 2010年大菊の挿し芽 »