« 相生市菊花展 | トップページ | 2011年菊日記 »

2011.12.27

2012年度発酵の準備

12月27日

発酵材の拡大培養がほぼ終了

PhotoPhoto_2コーランネオの拡大培養を始めて20日に成ります、此の間の発酵温度は20度~30度で経過しました、高温に依る有効微生物の死滅は無いと思います。

今回が4回目の切り返しで水分が10%程度と思います、土嚢袋に入れて自然の状態で保管管理します、此の発酵材を使い落ち葉の積み込み、土麹等に使います。

 

12月7日

発酵材の拡大培養

Photo昨年迄は、自宅近くの雑木林で土着微生物を採取して発酵材に使っていました、しかし培養に失敗て市販のコーランを購入して使いました。

昨年の腐葉土、土麹作りに市販のコーランを使った結果、土着微生物発酵材の様に上手に発酵出来ない状態で培養土に使いました。

今年の兵庫県菊花連合の講習会に参加した時に良い話しを聞きました、米糠とコーランだけで発酵させて発酵微生物を活性化させて更に米糠を加えて発酵させるそうです。

今迄の私のコーランの使い方は、使う時点で米糠とコーランを加えて落ち葉の積み込み等に使った為発酵がゆっくりと進んだと思う。

Photo_2Photo_3材料、米糠30㎏とコーラン2㎏と水が12㍑(40%)。

米糠とコーランを加えて攪拌する、十分に攪拌出来ると水を加えて練る。

練りが終わると塊を崩して土嚢袋に詰めて保管管理をする。

後は、保温管理をして発酵待ちです。 

|

« 相生市菊花展 | トップページ | 2011年菊日記 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/53427104

この記事へのトラックバック一覧です: 2012年度発酵の準備:

« 相生市菊花展 | トップページ | 2011年菊日記 »