« 2013年度培養土 | トップページ | 福助仕立て »

2013.08.18

大菊3本仕立ての定植後の管理

8月18日

1回目の増し土と最後の乾燥肥料(止め肥)

PhotoPhoto_2年々暑さが増して今年の暑さは特別です、暑さによる根腐れを防ぐ対策で灌水を控えていますため、伸びが止まっています。
今日が、1回目の増し土です3箇所の杉板の仕切りを1枚抜いて増し土用の培養土を入れました。
Photo_3Photo_41枚の杉板の空間に約1.5㍑の培養土が入りました。
施肥ですが、今期最後の乾燥肥料で止め肥です、肥料はグリーンキング粒状を1鉢に50cc与えました。
比較的に涼しい早朝から初めて60鉢を午前中に終わらせました。   

7月31日

定植後2回目の乾燥肥料

Photo定植の時にグリンキング粒状を20ccを与えて今回が2回目です。
今回は、1箇所に10ccで3箇所に置くので1鉢に30ccです。
次の施肥は、8月15日頃で止め肥で終わりです。

2013年7月13日

定植

Photo大規模に栽培して居る大菊栽培者から見るとわずかな鉢数何ですが、其れでも定植作業だけで1日掛かります。
事前に、9号の菊鉢の中に杉板で仕切りを行って増し土のスペースを作っています。
今回の定植の鉢数は60鉢で準備して居ます。
Photo_2定植の方法は、9号の菊鉢の中央に5号鉢で栽培した苗を据えます。
隙間の有る所に培養土を入れて棒を使って突き固めます。
肥料は、グリンキング粒状を1鉢に20ccを入れました。
Photo_3今年栽培する品種は、国華晴舞台、国華秋舞台、国華八十祝、国華龍馬、国華理想、国華赤銅色、兼六香菊、国華夢園、国華桜島、国華強大、国華聖者、国華大社、国華横綱、国華百代、国華冠鶴、精興積雲、精興公爵、太平銀峰、冨士の新雪、国華越山、国華伊豆、国華勝兵、国華八十天、国華霧島、銀強大、国華挑戦、国華新世界、国華80年、国華銭舞台、新冨士の輝き、国華吉兆、国華大宝、国華荘厳、国華登仙、国華金山、太平の宝、36品種の59鉢の定植です。
写真を見て感じる方が居られると思いますが、3本仕立ての誘引は未だ行っていません、誘引は定植後の支柱立てと同時に行います。

 

|

« 2013年度培養土 | トップページ | 福助仕立て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/57783358

この記事へのトラックバック一覧です: 大菊3本仕立ての定植後の管理:

« 2013年度培養土 | トップページ | 福助仕立て »