« 2016年福助仕立て | トップページ | 菊仕立ての作業の項目 »

2016.08.30

2016年大菊3本仕立て定植後の管理

9月9日
3回目の増し土
増し土方法は1回目と同じです、3枚目の杉板を抜いて行いました。
8月30日
2回目の増し土
1回目の増し土の時と比べると樹勢も強く成りました。
増し土方法は1回目と同じです、2枚目の杉板を抜いて行いました。
気温は、3日前迄は35度前後で暑かったが台風の影響で恵みの雨と爽やかさが訪れました。
数日後には暑さが戻りそう。
 
8月18日
1回目の増し土
Photo今年は荒ましい暑さ、昨年と昨昨年と冷夏で雨が多く困りましたが。
栽培所は、猛暑に合わせて屋根、側面を寒冷紗で囲っています。
写真は、午後4時の状況です、梅雨開け後連日此の状態です。
菊の生育状況は弱い、先端の芽の生育が弱く根からの水分の補給が間に合わない感じ。
灌水を多くすると根鉢が蒸せて根腐れを起こす心配が有るのでひかえてます。
Photo_2Photo_3 今回は1回目の増し土です、3枚の杉板を1枚抜いての増し土。
写真は生育の良い鉢で根張りも良い方です。
Photo_41枚の杉板の空間に約1.5㍑の培養土が入りました。
増し土が終わると顆粒のアドマイヤ3ccを表面に置く。
生育の悪い鉢も有るが後回しすると面倒なので同じに行う、今日と明日で終わらす。
今後の課題は、残暑が何時まで残るかで気温が30度前後に成ると救われるが、4年前は9月末まで暑かった。
 
2016年7月9日~10日
定植
 
今年は例年に無く生育が順調。
定植の方法は昨年同様です、定植用培養土を使い60鉢の定植。
肥料はグリンキングを30cc施肥。
 

|

« 2016年福助仕立て | トップページ | 菊仕立ての作業の項目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/87656/63897203

この記事へのトラックバック一覧です: 2016年大菊3本仕立て定植後の管理:

« 2016年福助仕立て | トップページ | 菊仕立ての作業の項目 »